渋谷 敦志

アジアプレス・インターナショナル所属。立命館大学産業社会学部卒業。

ブラジルの法律事務所に勤務のかたわら撮影活動を行う。1999年、大阪市西成区の釜ヶ崎に暮らすホームレスの姿を撮影し、MSF(国境なき医師団)主催のフォトジャーナリスト賞を受賞。2000年、日本写真家協会展金賞を受賞。その後ケニア、エチオピア、アンゴラ、中国、ブラジル、カンボジア、パレスチナなどをまわって取材活動を行っている。高校生のときベトナム戦争の写真を見てフォトジャーナリストを志した。05年視点賞・視点展30回記念特別賞など受賞。

HP: http://www.shibuyaatsushi.com/

Twitter: @shibuyaatsushi

 

佐藤 慧

AFTERMODE所属フォトジャーナリスト。世界を変えるのはシステムではなく人間の精神的な成長であると信じ、アフリカを中心に活動。東日本大震災により両親の住む街を失う。07年にケニアとタンザニアを旅。アメリカのNGOにて6ヶ月のトレーニングを受け、ザンビアに6ヶ月派遣。HIV/AIDSや公衆衛生、子どもの教育のボランティアとして働く。その後、メキシコへ飛びスペイン語を習得する。アメリカのNGO戻り、中南米に派遣されるボランティアの教師として数ヶ月働く。09年6-11月、ザンビアで学校建築の活動、無事プロジェクトを完遂。各地の大学などで講演会、写真展を開催。よき出逢いを求めて世界を浮き草のように漂い中。

HP: http://www.aftermode.com/

Twitter: KeiSatoJapan

 

studio AFTERMODE 所属フォトジャーナリスト。
2003年8月、「国境なき子どもたち」の友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。守るものがあることの強さを知り、彼らの姿を伝えようと決意。2006年、写真と出会ったことを機に、カンボジアを中心に各地の取材を始める。現在、東南アジアの貧困問題や、中東の難民問題などを中心に取材を進める。 2008年7月、青年版国民栄誉賞「人間力大賞」会頭特別賞を受賞。共著に『アジア×カメラ「正解」のない旅へ』上智大学卒。

HP: http://www.aftermode.com/

Twitter: @NatsukiYasuda