写真展@東大本郷 feat. フォトジャーナリスト三名様

東京大学本郷キャンパス・工学部2号館サブウェイ前フォーラム

報告が遅くなってごめんなさい(>_<)

 

東大担当スタッフのまゆこです。

 

11月14日~18日、東大の本郷キャンパスにて開催しました!!!!

 

展示会場のフォーラムというのはやたらキレイな工学部の建物の下の吹き抜けになっているでっかいスペースです。

 

そのため、通常の展示も写真を増やしたり即席のスクリーン×2を用意して(しゃでぃ&劇団の助っ人の方々ありがとうはぁと)スライドを流したりとかなり大がかりなセットになりました(^^)

 

どどーん!

 

フォーラム入り口から見た感じです(^^)

 

 

上から見た感じ!

 

BOXの中の荷物置き場が見えちゃう。。。笑

 

 

そしてこの会場の真骨頂は暗くなってから(^0^)/

 

上の青白く光ってるのがスクリーンです。

 

わぁお!

 

***

 

そしてそして東大展示の目玉は

 

17日のクロストーク with フォトジャーナリストの皆さま!!!!

 

今回は渋谷さん・佐藤さん・安田さん三名様ともお越しいただいた超豪華ラインナップでした!!!!

 

 

お三方とも印象的な様々なエピソードを語って下さって、あっという間の2時間でした。

 

書きたいことは山ほどありますが、いくつか心に残った言葉を簡単に記させて頂きます。

 

自分なりに咀嚼してまとめてしまっているので多少表現が違ってしまうのは悪しからず。あくまで私の視点です。

 

(写真を見てくれる人にどのような反応を期待するのか、という問いに対して)

 

「特定の反応は期待してはいけないし、していない。自分たちの撮った写真が種となって各々の中に残ってくれて、何年か後に具体的な行動に繋がる芽となるかもしれない。それでいい。」(安田さん) 

 

私の個人的なこの みちのく photo caravan への姿勢に非常に近かったので心に響きました。

 

「目を背けたいほど辛い現実や死から逃げてはいけない、どんなに辛くても個人でも社会全体でも受け止めなくてはいけない。」(佐藤さん)

 

ICUでのクロストークの際にも安田さんが社会全体で死を悼む時間が足りていないと仰っていましたが、相通じる印象的なメッセージでした。

 

「阪神淡路大震災の時も大学生がボランティアの中心だった。自分たちがこれからどういう社会を作っていきたいのかということを考えるのは次世代を担う若者たち。その若者たちがこうしたイベントなりで忘れないこと、伝え続けることが非常に大事になってくる。」(渋谷さん)

 

渋谷さんは阪神淡路段震災の被災者だそうです。

 

次の社会を作っていく使命、しかと受け止めていかなければなりません。

 

***

 

以上、トークの様子をかいつまんで報告させていただきました。

 

イベント終了後はスタッフ+写真家さんたちで飲みに行きました(^^)

 

とっても気さくで素敵な方々です(^^)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    buytadalafilonline (水曜日, 07 11月 2012 23:32)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.

  • #2

    gerterio (金曜日, 07 12月 2012 07:20)

    Needed to compose you that very small observation to be able to say thank you again just for the great tips you have contributed on this website. It's quite extremely open-handed with people like you to supply publicly precisely what many individuals might have offered for an e-book in making some profit for their own end, primarily seeing that you might well have tried it in the event you wanted. These basics also worked to provide a good way to recognize that other people have a similar passion the same as my very own to see more and more when it comes to this matter. Certainly there are thousands of more fun opportunities ahead for many who check out your blog post.