写真展@立命館(以学館B1F多目的ホール3)

 

こんにちは、立命広報担当のあきらです!

 

関西でみちのくphoto caravanを行うにあたって、初のブログ投稿です!^^

 

「学生に、ボランティアへの参加を身近に感じて欲しい。写真展が震災について考えるきっかけとなってほしい」という想いと、「関東での写真展にかける想いを受け継ぎたい!」という気持ちをもって、立命での開催準備、運営に取り組んできました。

 

今回の写真展の注目は、なんといっても学内をキャラバンするということ!

1週間ずつ、キャンパス・開催場所を移動しながら写真展を開催します。

 

できるだけたくさんのひとに、震災について考えるきっかけをつくりたい。

 

そんなふうな想いから、学内キャラバンを行うことになりました。

 

【開催日時・会場】

12/5-12/9 衣笠キャンパス以学館B1F多目的ホール3

12/12-12/16 びわこ・くさつキャンパスセントラルアーク1F

12/19-12/23 衣笠キャンパス諒友館B1F

 

衣笠以学館での開催は今日が最終日となってしまいますが、残り2週間、都合のつくときにぜひぜひみなさんご来場ください^^

 

 

それでは、以学館地下多目的ホール3の様子を見てみましょう!

 

時間がない中でしたが、写真は無事立命に到着、納得のいく空間づくりができました!

多目的ホール入口から
多目的ホール入口から
照明がいい感じです^^
照明がいい感じです^^
じっくり見ていってくださいね~
じっくり見ていってくださいね~

 

日常からすこしだけはなれて、震災のことを考える。

 

多目的ホールはそんな雰囲気・空間の中なので、来てくださった方々はひとつひとつ写真を見ていってくれます。

 

「メディアの報道する『震災』よりも、身近に感じられた」

「人の生きる力が印象に残った」

「またボランティアにいきたい!」

 

アンケートには、このように書いてくださった人もいるんですよ^^

 

来場者アンケートは、わたしたちのエネルギーになります!

元気の源です!笑

 

みなさんの言葉から学ぶもの、受け取るものは本当におおきいです。

ありがとうございます(^o^)

 

こんなふうに、刺激し合って震災のことを考えられるのって、すごく素敵ですよね。

 

 

刺激、といえば!

 

今回の立命での開催初日に、フォトジャーナリストの渋谷さんと安田さんが来てくださり、クロストークイベントを行いました!

スクリーンに映し出された写真を見ながら撮影当時のお二人のお話を聞くと、展示している写真への想いがより一層深くなりました。

 

お二人ともご多忙の中、この写真展のイベントに協力してくださって、本当に感謝しています!

イベントに参加した方々には、とても満足していただけたようなので何よりです^^

 

 

今日が以学館での開催最終日。

関西みちのくメンバーはこの場所に愛着を持ちすぎて、今日でここを離れたくない!という気持ちを持つほどです(笑)

 

いやいや、来週のBKC,再来週の諒友館での展示もこれくらい愛着持てるようにがんばりますよー!

 

各会場で大分雰囲気が違うので、ぜひぜひ3ヶ所回ってみてください♪

 

 

それではみなさん、以学館B1F多目的ホール3でお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12/08 朝日新聞(京都版)に取り上げて頂きました。