写真展@立命館(諒友館B1F)

こんばんは!

立命広報担当あきらです^^

 

立命館での写真展、ついに最終週が始まりました~!

今週は、京都の衣笠キャンパス諒友館B1Fにてみちのくphoto caravanを開催しています。

 

諒友館は、1FとB1Fに壁がガラス張りになっている食堂があり、とても明るい雰囲気です!

昼休みは様々な学部の学生がここに集まり、わいわいがやがやお昼ごはんを食べているんですよ(^o^)

諒友館の壁沿いに写真を展示しています♪
諒友館の壁沿いに写真を展示しています♪

上の写真は今日までの展示の様子です。

 

「今日まで」というのは…。

なんと、明日から展示の写真の内容が少し変わるんです!!

今週の会場が食堂であるということを先ほど書かせていただきましたが、学生だったら多くの人が毎日食堂を利用しますよね?

毎日足を運んでもらえるなら、開催時期の途中で展示の写真内容を変えたらおもしろいかも…?

と思いついてしまったわけです。笑

 

明日からの展示は、学生ボランティアの活動の写真を今まで以上にたくさん盛り込み、来場者の方々のボランティアに対するイメージをポジティブなものにしてもらえたら、と思っています!

ボランティア活動中の笑顔の写真や、被災者の方との家族のような絆、こどもたちの生き生きとした様子を見ていただけます^^

ボランティア活動の様子の写真です!
ボランティア活動の様子の写真です!
学生からのコメントを添えてみました^^
学生からのコメントを添えてみました^^

上の写真をご覧ください!

 

立命での今までの開催期間中に書いていただいたアンケートのコメントを、写真の横に添えて置いています。

 

「自分と同じ学生が、こんなふうに感じているんだ」

 

そう思っていただき、少しでも気持ちの共有の場になれば、と思っています!

 

 

立命での開催も残り3日。

 

立命で写真展を行うことに決まってからここまで、本当にあっという間でした。

ほかの大学は1週間という開催期間の中、3週間もの長い間、そして初の関西での写真展を行えることになったのも、たくさんの方々の協力のおかげです。

本当にありがとうございます!

 

 

東北の地から遠い関西。

あれから、9ヶ月。

 

「写真展を見て、もう一度震災について考えるきっかけになった」

 

多くの方々に、そう感じて頂けたら幸いです。

 

それでは、みなさんのご来場をお待ちしております^^