同志社2日目!

 

こんばんは^^

チーム同志社のさゆです。

 

昨日に引き続きです。

ブログって今まで書いたことなかったのですが

伝えたいことがあると更新したくなるものですね!

昨日のブログにも嬉しい感想を直接いただきました。

感謝です!!!

 

同志社2日目終了しましたー。

本日は100名弱の方に足を止めて見ていただきました★

ありがとうございます♪

 

 

今日の一枚
今日の一枚

 

 

今日ゼミが終わってそのまま一緒に寒梅館まで行って

見てくれた友達が、最後に「結局自分のためだよね。」って言いました。

「自分が成長するため」ではありません。

 

「自分が忘れないため」です。

 

現地にボランティアに行って

「よし、これからも長期的にかかわるぞ」と気合いを入れても

人間悲しいかな、忘れてしまう生き物です。

それを忘れたくない、まだ整理できていない気持ちを共有したい。

何かイベントをしたい、行動したいと思ったときに一緒にやってくれる仲間。

 

そんな仲間が私の周りにはたくさんいてくれてとても感謝しています。

 

だけど、話したくても話し相手がいなかったり

どう表現したらいいかわからくて困ってる人もいると思います。

わらかないなら、わからない、そう伝えてください。

受付に入ってる人は

「どうしたら支援につながるかな」

「自分に何ができるかな」

そういうことを考えてる人たちばっかりです。

自分なりの「答え」を見つけている人も

見つけることが出来ていない人もいます。

 

自分にできることは、本当に限られているかもしれない。

でも、自分にできることをしなければきっと後悔する。

それでも、「やらない」という選択をしなければならない時もある。

「能力的にはできるけど、キャパが足らなくてできない」から

「やらない」選択をした時の悔しさを忘れずに活動していきたい。

 

自分にはできないかもしれないけど、

周りにできそうな人がいるなら

その人に、信頼できる仲間に、託したい。

 

我々世代がやらなきゃ日本は変わらない

先祖が築き上げた、我々へ託してくれたバトンを

次の世代に繋げていくためにも、一歩を踏み出せる勇気を持とう

意識から一歩を!


学生達、有難う」(お世話になった料理長のFBコメントより)

 

 

 

 

 

 

 



「『当たり前』のことを大切にします。

周りの人たちを大切にすることから始めたい。

残り少ない大学生活の一日一日を大切に生きようと思う」

(アンケートより)

 

「(略)自分がいかに幸せに活かされているかを感じます。

この震災が(震災だけじゃなくて天災人災戦争全て)

被災者の人々に何をもたらして、その人々はこれからどう生きていくのか、

私たちには知る必要があり、私たちに何ができるのか

考えていかなければならないと思います。

一番大切なのは風化させないことではないかと思います。」

(アンケートより)

 

 

 

 

結局あまりまとまりがなくなってしまいましたが

明日はどんな人と出会えるでしょうか。

どんなアンケートがあるでしょうか。

 

1人1人東北にもう一度想いを馳せてみてください。

 

足を運んで来てくれてありがとう。

場所を貸してくれてありがとう。

大学側に掛け合ってくれてありがとう。

写真を提供してくれてありがとう。

熱い思いを伝えてくれてありがとう。

心配してくれてありがとう。

「ありがとう」を全員に。

 

 

 

出会ってくれて

 

ありがとう。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    (火曜日, 17 1月 2012 22:45)

    なんか、自分の気持ちを代弁してくれているような気がしました。ありがとう。

  • #2

    michinoku-photo-caravan (火曜日, 17 1月 2012 23:43)

    そう言っていただいてとても嬉しいです!

    私と同じ気持ちの方がいてなんだか自分だけが悩んでいるんじゃないと心強い気持ちになります。

    ありがとうございます。