みちのく高校Caravan in 立命館宇治

みなさん、こんばんは。
関西のさゆです。
 
今日はみなさんにお知らせがあります!
なんと、みちのくphoto caravanついに、高校に進出~!!!
 
東京では、都立国際高校で、既に行いましたが・・
関西でもついに「高校Caravan」が始動します^^
(その様子も後日ブログでUPします!) 
「なんで、高校生なの?」って思われる方もいると思います。
その理由はこうです。
 
「自らの進路についての重大な決断を迫られる高校生たちが、
震災に関わるエピソードを聞き、身近に感じることで
よりよい社会づくりのために将来の自分たちに何ができるか、
どうあるべきかを考えてもらう」ためです!
 
つまり、よく関西代表が言っている
「種をまく」ということなんです!
え、「種をまく」ってどういうこと?って思いますよね。
 
ざっくり言うと、写真展を通じ、東北のことを知ることで
それぞれの日常が少しでも優しいものになったらいいなということ。
つまり、東北にボランティアに行くことだけじゃなくて、
 
道端に落ちてるゴミを拾うこと
おばあちゃんに手を貸すこと
部活動、仕事にもっと一生懸命になること
東北に観光へ行くこと
両親に改めて感謝すること…
 
東北の写真を通じて、日常に小さな「いい変化」を生むことができれば
亡くなった15000名の方々にも何か恩返しができるのかな、と。
それぞれの心に種を植えていく。
 
皆の心の中になにかちょっとずついい変化が生まれればいいな。
みんながちょっとずつ優しくなれれば、
それで社会が少しでも良くなっていけば、
それは震災が残したいいことだったっていつか言える日が来ると思う。
来て欲しい。
 
うーん、上手く伝わってますかね…?
なかなかこれ文章で表現するの難しいですね…
関西代表自ら語ってもらった方がいいのかも…!
 
もっと詳しく聞きたいよ!
って方は、3月11日に心斎橋で行われる
トーク&パネルディスカッションにお越しください!
関西代表もいるので^^

 

::::::::::::::::::::::::

 

【高校Caravan 詳細】
・被災された東北の方のお話
・被災地ボランティアに参加した
 高校生・大学生による報告とクロストーク
 
 
→高校生がどういう思いを持っているのか
 聞くのが楽しみです!!!
 
 
それでは、相変わらずまとまりないですが
最後まで読んでくれてありがとうございました★