4/8 関西みちのくミーティング

 

こんにちは!

みちのく関西のあきらです^^

 

わたしたち関西メンバーも、毎週日曜日にミーティングを行なっています。

 

関西でも先月2人の卒業生を送り出し寂しくはなりましたが、

今回のミーティングには新しいメンバーが参加してくれました!

 

はっちゃん、ぎりちゃん卒業おめでとう!!そしてありがとう^^

もっち、あゆみん、こめ、みちのくへようこそ☆

 

数日遅れとなってしまいましたが、

その様子をみなさんにお伝えしたいと思います(^o^)/

 

 

同志社大学学生会館にて!
同志社大学学生会館にて!

 

今回のミーティングでは、

・お金について

・写真展開催を控えている大学の状況共有

・コンテンツのパネル化について

・みちのくのビジョンの共有

以上についてみんなで話し合いました。

 

 

ホワイトボードが小さかったため、書き込んだらいっぱいいっぱいに…(笑)
ホワイトボードが小さかったため、書き込んだらいっぱいいっぱいに…(笑)

ここでは、

みちのくのビジョンの共有について話したことを書いていきたいと思います。

 

新年度のみちのくcaravanの活動について、

ひとりひとりが描くビジョン、共有できているビジョンを話しました。

 

 

「やさしい人が増えてほしいな」

 

「当たり前に助け合える社会を作っていきたい」

 

「『ボランティア』って、なんにも特別なことじゃない。

『ボランティア』って言葉が行為を括ってしまっている気がする…」

 

「多くの人に、自分が正しいと思える選択ができるようになってほしい!」

 

「復興支援に関わって、変わった自分を周りに見ていて欲しいな」

 

「教師になって、今回の震災を歴史上の出来事ではなく

実体験として子供たちに語り継いでいきたいんだ」

 

「地元に誇りをもつことで、まちを良くしていこうというエネルギーになる。

それが、いずれ起こる震災の復興のスピードに関わるのでは」

 

「自分たちの、日本のことをもっと知るべき。知ることは誰にでもできる」

 

 

震災を切り口に、話題は身近なこと、日本のこと、社会のことにまで

広まっていきました。

みんなと話していて、全ては自分につながっているんだな、と感じました。

 

みちのくcaravanの活動を通じて、

じぶんたちの未来に真摯に向き合う時間が過ごせたのではないかと思います。

 

みんな、今年度も、みちのくの活動がんばっていこうね!!

 

 

 

最後に…

 

昨日夕方にスマトラ島沖でマグニチュード8.7の地震が発生しました。

話す言葉や国のルールは違えど、人が亡くなれば悲しいのはみんな同じです。

 

わたし個人としては心配することしかできませんが、

大きな被害に繋がらないことを祈ります。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関東、関西、九州メンバーが力を合わせて今年度も活動していきますので、

応援よろしくお願い致します!