みちのく caravan@兵庫県立大 終了しました!

 

今日で、みちのく photo caravan@兵庫県立大が終了しました!

 

5月14日~18日の5日間の来場者数は162名でした!

 

兵庫県立大学の写真展では、東日本大震災の写真だけではなく、

阪神淡路大震災の写真も展示しました。

アンケートを見る中で、阪神淡路大震災で実際に被災したという人が多く、

当時を思い出した、自分と重ねて東北の写真を見た
など、兵庫県ならではのアンケート回答が多かったです。

特に教員の方にはこれ阪神の?と聞かれることが多かったです。

 

 

17日(木)の講演会(被災地の「今」~知ろうとすること、それはあなたにできる復興に向けた第一歩~)には、

たくさんの方々が参加してくださりました。

 

ゲストスピーカーの矢部さんの講演会の後、

6つグループに分かれて、

3月11日のことやこれからの歩みについて話し合っていただきました。

 

 

講演会を含め2時間という短い時間だったので、

話し足りない部分もあったかもしれませんが、

第一歩、第二歩を踏み出せたのではないでしょうか。

 

今回、写真展を開催した兵庫県立大学学園都市キャンパスは

学生数が少なく、来場者数も多いとは言えないかもしれませんが、

 

少人数でもその人の中に何か残せる写真展をできたならとても幸せです。

 

ありがとうございました。