北九州市立大学ひびきのキャンパス開催終了しました

こんにちは!北九大のゆうこです。

 

先日、北九州市立大学ひびきのキャンパスにて写真展を行いました。

無事5日間(5/21~25)が終了、計214名の方に来場いただきました^^

 

写真展の展示会場と、ひびきのセッションの様子をUPします!

 

入口からみた様子です!
入口からみた様子です!
展示スペース奥から!
展示スペース奥から!
これまた奥から!
これまた奥から!
ひびきのセッション第一部!みんな少し緊張してます
ひびきのセッション第一部!みんな少し緊張してます

震災から一年以上経って九州で写真展をすることに、私自身少し不安と焦りを感じていたんですが、写真を見てくださった方の声を聞くと、そんな心配はいらなかったなと思いました。

 

来場者の方のアンケートより、いくつか紹介させていただきます。

 

-------------------------------------------------


「いってみよー!って感じの気持ちで来ました。でもやっぱり来てみて良かった。ボランティアはみんなどうやってやっているんだろうと思っていたけど、自分で調べてないだけでした。ボランティアは興味があったので調べてみようと思います。」

 

「私は今までボランティア活動などには参加したことがなく、何だか距離があるせいか、遠い事のように感じていたと思います。現地にボランティアに行くことはもちろん大切なことですが、その前に、私はもっと震災のことについて知ることから始めたいと思いました。自分にできることは何だろうかと考えるきっかけになりました。」

 

-------------------------------------------------


 

他にも、アンケートに「写真展を企画してくれてありがとう」と書いてくれる方が多くて、感激でした!まさか私たちにお礼を言ってもらえるなんて!!と同時に、今まで震災について知る機会が少なかったのだろうなと考えさせられました。

 

東北から離れた九州でまず出来ることは、忘れないことだと思います。これからも各地でcaravanは続いていきますが、少しでも多くの人に足を運んでいただき、何か感じてもらえたら嬉しいです。

 

 

ひびきのセッション第2部、それぞれのまとめをカードに書きました
ひびきのセッション第2部、それぞれのまとめをカードに書きました

 

この写真展に足を運んでくださったみなさま、みちのく・北九スタッフ、力を貸してくださった全ての方に感謝です。

本当にありがとうございました。

 

これからも九州チーム頑張りますので、よろしくお願いします。

少しでも東北と九州の距離が近づきますように。