第1回みちのく関西合宿!!

こんにちは、 関西メンバーのつむてぃーです!

 

 関西メンバーは6/16、17の2日間にわたって

 『第1回みちのく関西合宿!@グリーンパーク想い出の森』

を決行しました(^^)!

 

 合宿が近づくにつれうきうきわくわくな気持ちは日に日に大きくなり、

前日にメンバーのテンションは最高潮に。

(メーリス上で超高度なボケとツッコミが飛び交うほど。)

 

そんなこんなで合宿当日。

天気は土砂降りの雨でしたが、

関西メンバーはそんな雨などものともせず 遊びに遊びました!(笑)

十分運動して楽しんだ後は みんなでご飯を食べながら1人5分のプレゼン。

発表内容は自由。例えば、自分の普段心がけていることであったり、

これまでの人生で影響を受けた人の話であったり、

普段の生活で何に敏感に反応するか、であったり…。

 

お互いをもっともっと深く知りあうために 1人ずつ話をしました。

そのなかで印象に残った話から 自分なりに考えをまとめて 3つほどここでお話ししたいと思います。

 

 

まず1つ目は、「自分が正しいと思っていることをするべきだ」という話です。

 

普段の生活で、自分の正しいと思っていることを 行動に移すことができないこと、ってありませんか?

私にはよくあります。 例えば、親や友達の言動が間違っていると思ったとき。

昔の私は、他者の意見や行動を受けて 「絶対自分が正しい。」と思っていても

それを言葉にすることはほとんどありませんでした。

 

理由は簡単です。 争うのが嫌いだったからです。

「親と争って長引いたらめんどくさい」 「友達にこいつめんどくさいって思われるのも嫌やし」 「言ってもわからんやろ」 そう思っていました。

 

でも、それってすごくもったいないですよね。

 

1つ目に自分の意見が相手に影響を与えるチャンスを失う。

2つ目に相手から自分が影響をもらえるチャンスを失う。

3つ目に意見をぶつけてよりよい意見を生み出すチャンスを失う。

それだけじゃないんです。

 

自分の正しいとすることを自分の頭の中だけで留めていると、自分の心がつめたーくなっていきませんか?

そうしていると、次第に相手に対する思い、 (言葉にするのは難しいんですが)

例えば、「このひとといると楽しい」「 このひとに頼りたい」「 このひとがいれば頑張れる」

そういうあったかい想いはなくなっていくように私は感じます。

 

 逆に、このひとは間違っている、自分は正しい、 だから自分の方が優位だっていう変な感情を持ち始めると思います。

そうして相手に対する優しさ、思いやりは薄れる。

それに相手が気付いた時 相手は自分に「信頼感」を抱いてくれなくなる。

簡単に言うと、「この人何考えてんだろ。」って感じです。

 

最終的には、表面的には「いい」関係であったとしても 心と心の繋がっていない、 つめたい関係になるんじゃないかなって私は思います。

 

悲しいことですよね。

それまでの関係、日々が失われることを嫌うあまり、

それ以上に失ってはならないものを失ってしまう。

 

これが 「正しいと思うことをしないこと」による 一番のデメリットのように私は感じます。

(もちろん他にもデメリットはたくさんあると思いますが。)

逆に言うと、「正しいと思うことをする」ってことは、自分や相手の信頼関係を築くことができ、さらに、社会にも良い影響を与えていくんじゃないかなと思います。

 

 

2つ目に、「気づけるか気づけないか」についての話です。

その前にまず、「何事も決めつけるべきではない」ということについて書きます。

 

これはメンバーの一人が話していたんですが、

私が普段から思っていたことに通じることがあると思ったので書かせていただきます。

1つ目の話に似ているんですが、 「決めつけること」って、すごく浅はかじゃないのか?ということです。

 

例えば、人の陰口。

私は、人が陰口を言っているのを聞くと ものすごく嫌な気持ちになります。

「その人のこと全部知って言ってるの?」と思うんです。

たとえその人のことを全部知っていて 陰口を言っていたとしても、

それは本人に「正しいと思うこと」を伝えることができていないということですよね。

 

しかも、他人のことを全て知るなどとても簡単なことではないと私は思います。

そう考えた場合、人のことを「決めつけ」て陰口を言うことって その人のことを知ろうとする気持ち、理解しようとする気持ちが 足りないのではないかと思うんです。

 

しかし、 いつもここでもやもやした気持ちになります。

 

気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが

「じゃあそういう自分は陰口言う人のこと全部理解できているのか」 ということです。

 

正直、理解できていません。 わからないことばかりです。

 

 ただここで大事なのは それに「気づく」か「気づかない」かなのではないでしょうか。

 

遠回りしましたが、それが「気づけるか、気づけないか」の話です。

誰しも普段1つの考えや行動を選択して生きていると思います。

そしてそのように自分の意見を持つことが間違っているわけではないとも思います。

 

ただ、そこで他の意見に「気づく」ことができるか、

より広いものの見方をすることができるか、

より広い視野で物事を捉えなおして、自分の選択した考えは本当に正しいと言えるか、

見直すことができるか、それが大事なのではないでしょうか。

 

 「気づく」ことに気を付ければ、人をもっと理解することができる。自分を見つめなおすことができる。と私は思います。

 

 

そして最後に。

 

私は今こうやってみちのく関西のメンバーとして活動させてもらっているんですが、たまにわからなくなることがあります。

 

「自分は東北のために、みちのくのために役に立っているのだろうか」

「他の誰でもない、自分にしかできないことってあるんだろうか」

そんなもやもやにとらわれてしまうことがあります。

 

これはきっと私だけのことではないんじゃないかと思います。

学校とか、サークルとか、いろんな場所において、

「他のだれかではなく、自分がそこにいる意味」 ってわからなくなることがないでしょうか?

(ないならそれが一番ですが…笑)

 

まさにそんな風に悩んでいるときのみちのく合宿。

たくさんの考え、想いに触れ、

「他のだれかではなく、自分がそこにいる意味」は きっと、あると思いました。

 

なぜなら 自分という存在は自分以外にはいないからです。

(とっても単純なことのようですが。)

 

自分が他の人のようになることができないのと同じように、

他の人も自分になることはできません。

たとえ羨んでしまうような人がいたとしても、自分はその人になることはできません。

他の人に適応しようとして自分を追い詰めることほど苦しいことはありません。

 

たとえどんなに小さなことだったとしても、 自分にしかできないことは必ずあると私は思います。 

今まで自分の人生を生きてきた自分にしか、思いつかない考えやできない行動があると私は思います。

 

だから、自分を大切にすること。

1つの型に「適応」しようとするのではなく、

自分自身を見つめることが大事なのではないでしょうか。

そして自分自身を見つめることができれば、

自然と他者を認めることができるようになると私は思います。

 

ここまで長々~と書いてきましたが、 これ以上書くと本当に長すぎるので、

この辺で終わりたいと思います。 もっともっと書きたいことはたくさんあるんですが…。

 

今回の合宿で学んだことは 自分がいかに幸せな場所にいるのか。

いかに幸せに生かされているのか、ということでした。

 

今この生活に心から感謝すること。

自分自身を見つめること。

他者を理解しようとすること。

 

これらのことを大事にして、 これからも日々自分にできることに全力で取り組んでいこうと思います。

 

ボランティアや震災とは少し離れたブログになってしまいましたが

1つの考えとして、少しでも、誰かの心に届いたらいいなあ、と思っています。

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

ではまたいつかお会いしましょう(^^)

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    TK (火曜日, 19 6月 2012 21:51)

    感動しました。ありのままの自分を、ひとを受け入れて、
    自分しか歩めない道を。自分ももがいて考えるときはありますが、「自分も大切にできないひとは、ひとも大切にできない」と自分も思っています。お互いさまで、できることを、できるときに積み重ねていきましょう。昨年の暑い夏の一期一会に感謝です。「ありがとう」「これからもよろしくお願いします」です。

  • #2

    milkyway (火曜日, 19 6月 2012 22:48)

    素敵な文章をありがとうございます。私も、「自分にしかできないこととは何か?」「自分には一体何の価値があるのか?」そんなことを考えては、答えのない問いに行き詰ってしまうことがあります。ただ周りの仲間たちと過ごしていると、次第に心が晴れていくんですよね。だから、自分も周囲の人を大事にしたいと思います。日々の出来事に精一杯取り組んでいきたいと思います。明日からまた、頑張ります。ありがとうございました。

  • #3

    Meg (水曜日, 20 6月 2012 00:25)

    すごく心に響きました!なんか勝手に私宛てのメッセージかと思うぐらい今私が欲していた内容でびっくりしました。友達の言動がおかしいと思っても言えないことや、自分の存在価値を見つけられないとこは常に私が悩んでいることです。ですがこのブログを読んで、少しらくになりました。考え方を変えるのは容易なことではないですが、少しずつ変える努力をしていきたいと思います☆もし機会があれば、もっと書きたかった話聞かせて下さい(*^_^*)

  • #4

    つむてぃ (土曜日, 23 6月 2012 18:45)

    >TKさん ありがとうございます。「自分も大切にできないひとは、ひとも大切にできない」気づくことができてよかったです。もっともっと成長して自分にしかできないことを見つけたい、増やしたい、そしていい意味でひとに頼ることのできる人になりたい、そう思います。こちらこそ「ありがとうございます」「これからもよろしくお願いします」

  • #5

    つむてぃ (土曜日, 23 6月 2012 18:46)

    >milkywayさん ありがとうございます。いっぱい悩んで、周りを妬んで、自分に嫌気がさすのに、結局助けてくれるのは周りの仲間たちなんですよね。そのような仲間に巡り合えたこと、仲間と一緒に生きることができることが、なんてかけがえのないもので、幸せなことなんだろうと実感しました。今こうやって幸せに生かされていることに感謝して、私も頑張ろうと思います。「明日からまた、頑張ります。」その言葉が聞けてとてもうれしいです。ありがとうございます。

  • #6

    つむてぃ (土曜日, 23 6月 2012)

    >Megさん ありがとうございます!そう言っていただけてとても嬉しいです!このブログに書いたようなことで心がもやもやしてる人って少なくないと思うんですけど、それこそ誰にも言えないんですよね。だから私と同じように心が葛藤してる人に届いたらいいなあと思って書かせていただきました。届いたようでよかったです!また機会があれば書かせていただきます(^^)!ありがとうございます。