関西チーム自己紹介!No.3

プロフィール

濵村大介 はまです^^

京都産業大学4年 もうすぐ卒業です。春からは東京で焼き鳥を焼きます。らっしゃい

剣道四段 実は剣道部

最近はみちのくにも顔を出さずに、専ら京都界隈を飲み歩く中年体型のブサメンです。

 

 

みちのくについて

みちのくに入ってからは、他大学開催のお手伝いと、自大学開催の企画をしました。

僕も、20118月に一週間ほど宮城県は南三陸町にいたので、東北のことを知ってくれる学生が少しずつ増えていくのはうれしかったです。

京都産業大学は、大学の援助もあって、写真展に合わせたバスツアーも企画できました。この写真展→バスツアーの流れは後輩が引き継いでくれるみたいで、うれしい限りです^^もっとたくさんの人が、東北を訪ねてくれるといいなー

みちのくの写真展で、たくさんの人にあってきました。来場者も、関西、関東、九州メンバーも、みんな東北に何かしらの感情があるので、そういう人たちと話をしたり、思いを共有したりできるのは、みちのく写真展のいいところだなーと思います。

 

写真展後のバスツアー。宮城県七ヶ浜ボランティアセンターにて。
写真展後のバスツアー。宮城県七ヶ浜ボランティアセンターにて。

 

 

7月、8月の京都水害ボランティア

 みちのくの人たちには、「写真展だけに心血を注いでいる!!」

なんて熱い人はいません()マジで。

写真が好きというか、東北が好きな人が多いとおもいます。いや、東北というより、そこに集まる人とか空間が好きなんかな。わからんけど。

 関西のメンバーが東北で一緒に活動したことはないんやけど、2012夏、京都でありました。僕はあの時、「うわー、こいつら大好きやわ」と思ったので、そのことを少し書きたいと思います。

 まあ珍しく大雨が降ったんで、家でサラリーマン金太郎の続きを読んで、おとなしくしていました。ほんなら、テレビで京都市北区が雨でやばいと。よく見たら近所だったので、「これは金太郎どころではない」と見に行ってみると、思いのほか家とか道路がボロボロになっていた。大学の友達とみちのくメンバーに連絡をしたところ、「てやんでえ」とかいいながらすぐに駆けつけてくれました。だがしかし、その日は夏の風物詩・祇園祭。浴衣で京都を闊歩する一大イベント。他にもれずみちのくたちもお祭り好き。みんなで京都を練り歩きながらリンゴ飴をほおばっていたらしい。そんな中で起きた水害。みちのくレディスは、上下ジャージ・髪モリモリというなんとも滑稽な姿で現れたのだ。そんな気合の入った格好で泥をかき出していく姿をみて、「うわー、こいつら大好きやわ」と思いました。

写真展は関係ないけど、個人的にみちのくの好きなエピソードなので。

 

 

 

これから

震災はすごく悲しいことで、つらいことやったけど、そこから学ぶこともあります。戦争や阪神の震災が忘れられないように、東北の震災も忘れたくない。その忘却を防ぐ一つの方法として、これからもみちのくは、終わりなき旅を続けていく。ただ未来へと夢を乗せて。

 そう、僕はミスチルのファンです。

 今後もよろしくお願いします。